CABファイルとは何ですか?

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

キャビネットまたはCABファイルは、システムファイルやデバイスドライバーを含むさまざまなシステムベースのインストールに関連するデータを保存するために使用される圧縮ファイルの一種です。 使用される圧縮モードは、圧縮操作中は無損失であり、データは失われません。 CABファイルは、以前はダイヤモンドファイルと呼ばれていました。

MicrosoftのパブリッシャープログラムのPack and Go機能を使用すると、PUZの拡張子で終わるCABファイルを作成できます。 これにはすべてがCABと同じアーカイブ形式で含まれているため、他のCABファイルと同様に扱われます。 他のインストーラー(InstallShieldインストーラープログラムなど)もCAB拡張子を持つファイルを作成しますが、Windowsキャビネットファイル形式とは無関係です。

CABファイルを開くにはどうすればよいですか?

CABファイルを開いてアクセスする方法は2つあります。 Windowsコマンドラインツールを使用するか、他のシステムまたはサードパーティのユーティリティを使用できます。 Windowsキャビネットファイルをダブルクリックするたびに、オペレーティングシステムは自動的にフォルダーを開き、中身を表示します。 Windowsはそれを他のフォルダーと同様に扱い、ファイルへのアクセスを支援します。

ただし、特に他のオペレーティングシステム(macOSやLinuxなど)を使用している場合は、CABファイルを開くのに役立つファイル解凍ツールもあります。 CABファイルを簡単に開くことができる無料のユーティリティには、次のものがあります。

  • 7-zip
  • WinZip
  • PeaZip
  • IZArc
  • キャブ
  • アンアーカイバー

ただし、InstallShield CABファイルはWindowsキャビネットファイルとは異なることに注意してください。 上記のエディターによって開かれている場合は、unshieldを使用して開くことができます。 PUZファイルがある場合は、技術的には他のCABファイルと同様に開くことができるはずですが、そうでない場合は、最初にコンテンツを解凍してから、必要なPUZファイルを参照することができます。 PUZ拡張機能をCABに変更してみることもできますが、事前に追加のコピーを作成してください(破損した場合)。

次に、すべてのCABファイルを処理するために使用されるWindowsコマンドラインツールに焦点を移しましょう。 使用できる基本的に3つのツールがあります。

expand.exe

「expand.exe」で使用される主な規則は次のとおりです。

 展開[] [-r] [-d] [-i] [-f:] [/?] 

コマンドプロンプトを開き、「 expand /? 」と入力すると、より詳細なドキュメントを取得できます

makecab.exe

このユーティリティは、通常は非常に大きなサイズのCBSログファイルを圧縮するために使用されます。 起動するたびにWindowsが更新をスキャンするたびに、これらのCBSログに遭遇し、このユーティリティを使用してそれらを圧縮します。 また、このユーティリティがディスク使用率を高くする場合もありますが、それでもタスクに使用できます。

コマンドプロンプトでコマンド「 makecab.exe 」を実行して、詳細情報を取得できます。

extrac32

Extrac32は、CABファイルの処理に使用できる別のMicrosoftのキャビネット抽出ツールです。 CABファイルを解凍するために多くの人々が使用します。 コマンドプロンプトでコマンド「 extrac32 | more 」を実行すると、extrac32に関する詳細情報を取得できます。

これらすべてのユーティリティを使用して、コマンドラインを使用してCABファイルを抽出できます。 Expandユーティリティを使用してタスクを達成する方法のデモを見てみましょう。

抽出を続行する前に、ソースファイルが置かれている現在のディレクトリにいることを確認する必要があります。 たとえば、ソースファイルがデスクトップに存在する場合、最初にディレクトリをデスクトップに変更してからユーティリティを使用する必要があります。

実行しているコマンドの最後にターゲットファイルの場所もリストするようにしてください。

WindowsにCABファイルをインストールする方法は?

前述したように、CABファイルにはシステムドライバーと、インストールが必要だと思われるその他のインストールパッケージが含まれています。 コンピューターにCABファイルをインストールする方法は2つあります。 コンテキストメニューを使用するか、 コマンドプロンプトを使用できます

コンテキストメニューの場合、プロセスは非常に簡単です。 インストールするキャビネットファイルを選択し右クリックし、ほとんどの場合、上から2番目のオプションであるインストールを選択します。 インストーラーがポップアップ表示され、ガイドが表示されます。

コマンドプロンプトの場合、DISMコマンドを使用します。 ここで、インストールしようとしているソースファイルのパスを追加する必要があります。 管理者特権でコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

 DISM / Online / Add-Package / PackagePath: "" 

ここでは、ソースファイルへのパスに置き換えられます。

コンピューターを再起動するダイアログが表示されたら、 Yを押して続行し、Windowsの起動時にインストールが実行されます。

CABファイルを変換できますか?

クリーンなCABからMSIへの変換を実行できるファイルコンバータープログラムは多くありません。 WSP(Windows共有ポイント)は、Microsoft SharePointで使用されるSharePointソリューションパッケージファイルの一種で、通常はCABファイル形式で圧縮されています。 WSPの名前をCAB拡張に簡単に変更して、他のWindowsキャビネットファイルと同様に開くことができます。

また、Windowsが所有する「 IExpress Wizard 」という名前のユーティリティがあり、 CABをEXEに変換するのに役立ちます。 Windows + Rを押して、ダイアログボックスに「iexpress」と入力し、Enterを押します。 画面上の指示に簡単に従うことができます。

コンピューター上のCABファイルを削除する必要がありますか?

コンピューター上のすべてのCABファイルを削除するのは魅力的かもしれませんが、オペレーティングシステムおよびそれらに依存する他のプログラムに使用される可能性が最も高いと言えます。 CABファイルには通常、システムディレクティブまたはシステムドライバーが含まれています。

削除しても安全なCABファイルが「ある」場合もありますが、確実に確認するには広範な調査が必要です。 したがって、すべてのCABファイルはオペレーティングシステムにとってある程度有用であり、他のサードパーティプログラムによっても使用される可能性があると想定しても安全です。

興味深い記事