Windowsで「サーバー上のセキュリティデータベースにこのワークステーションの信頼関係用のコンピューターアカウントがない」エラーを修正する方法

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

この特定のエラーは、ユーザーがドメインにログインしようとしたときに表示されます。 これを回避する方法がないように見えるため、これは非常に問題になる可能性があります。 このエラーはWindows OSのさまざまなバージョンで発生しましたが、Windows 10で最も一般的に表示されます。

サーバー上のセキュリティデータベースには、このワークステーション信頼のコンピューターアカウントがありません

問題を解決するために使用されたいくつかの成功した方法を発見し、それらを記事にまとめることにしました。 問題を正常に解決するために用意した解決策に従ってください。

Windowsで「サーバーのセキュリティデータベースにこのワークステーションの信頼関係のコンピューターアカウントがない」エラーが発生する原因は何ですか?

この問題の考えられる原因のリストはそれほど長くありませんが、考えられる原因について知る必要があるほとんどすべてが含まれています。 問題を解決するためのパスを簡素化するために、以下を確認してください。

  • 時刻と日付の設定が誤って構成されている -クライアント側で時刻と日付の設定を誤って構成すると、問題が発生し、エラーが表示されます。
  • クライアントとドメインコントローラー間の接続がタイムアウトになる場合があります。この場合、再接続して接続を再起動する必要があります。
  • DNSおよびWindowsファイアウォールの問題 -DNSアドレスまたはWindowsファイアウォールポリシーが問題を引き起こす可能性があります。

解決策1:クライアントPCで時刻と日付の設定を確認する

お使いのコンピューターの時刻と日付が不適切であることはお勧めできません。これはだれでも故意に行うべきことではありません。 ただし、一部のユーザーはBIOSを再起動するか、時刻と日付を変更する変更を実行し、再度適切に設定することを忘れます。 これだけで問題が発生するので十分なので、すべてが正常かどうかを確認してください。

  1. スタートメニューを開いてコンピューターの日付と時刻の設定を開き、スタートメニューボタンと電源アイコンの上にある歯車アイコンをクリックして[ 時間と言語 ]オプションを選択し、 日付と時刻に移動して設定アプリを開きます

日付と時刻の設定を開く
  1. [日付と時刻]タブで、コンピューターの日付と時刻の設定が現在の場所に合っていることを確認します。時刻が正しくない場合は、以前の設定に応じて[ 時刻を自動的に設定 ]オプションをオンまたはオフにできます。
  2. [時刻を自動的に設定する]オプションがオフになっている場合は、ドロップダウンリストから正しいタイムゾーンを選択してプロセスを完了します。 完了したら、コンピューターを再起動し、ドメインへの接続を再度開いてみてください。

Windowsでの日付と時刻の変更

代替手段 :これがうまくいかない場合、またはWindows 10より古いバージョンのWindowsを使用している場合は、コントロールパネルを使用してオンラインタイムサーバーと同期し、常に正しい設定にすることもできます。

  1. [ スタート]メニューで検索するか、 WindowsキーとRキーの組み合わせを使用して「 control 」と入力し、 コントロールパネルを開きます [実行]ボックスで[ exe ]をクリックし、[ OK ]をクリックします。
  2. コントロールパネルで、右上隅にある[ 表示]カテゴリを選択し、[ 時計と地域 ]ボタンをクリックしてこのセクションを開きます。

コントロールパネルの時計と地域
  1. [ 時計と地域]セクションの[ 日付と時刻 ]の下にある[ 日付と時刻の 設定 ]ボタンをクリックし、すぐに[ インターネット時刻 ]タブに移動します。 [設定の変更 ]ボタンをクリックします。
  2. [ インターネットタイムサーバーと同期する ]オプションの横にあるチェックボックスをオンにして、[ 時間 ]を選択します 更新をクリックする前にwindows.com 」サーバー

インターネット時間と同期する
  1. [ OK ]ボタンをクリックして変更を適用し、ドメインへの接続を試行して、「サーバー上のセキュリティデータベースにこのワークステーション信頼用のコンピューターアカウントがない」エラーが表示されるかどうかを確認します。

解決策2:DNSおよびファイアウォールの問題を確認する

サーバーへの実際の接続に関して問題がある場合は、DNSまたはWindowsファイアウォールの競合を確認する必要があります。 ネットワークの問題を引き起こすことがよくあります。Windowsファイアウォールのルールを設定し、DNSアドレスをリセットするには、以下の手順に従ってください。

  1. [コマンドプロンプト]を検索するには、 [スタート]メニューに直接入力するか、その横にある検索ボタンを押します。 検索結果としてポップアップ表示される最初のエントリを右クリックし、コンテキストメニューから[ 管理者として実行 ]オプションを選択します。
  2. また、 WindowsロゴキーとRキーの組み合わせを使用して、 [実行]ダイアログボックスを表示することもできます 。 表示されるダイアログボックスに「 cmd 」と入力し 、管理コマンドプロンプトでCtrl + Shift + Enterキーの組み合わせを使用します。

[実行]ダイアログボックスから管理コマンドプロンプトを実行する
  1. ウィンドウに次のコマンドを入力し、各コマンドを入力した後にEnterキーを押してください 。 「 操作が正常に完了しました 」というメッセージ、またはメソッドが機能したことを知るための同様のメッセージを待ちます。
 netsh advfirewall firewall set rule group = "network discovery" new enable = yes ipconfig / flushdns ipconfig / registerdns 
  1. 接続をリセットし、エラーが表示されるかどうかを確認してください!

解決策3:接続を再開する

ドメインサーバーとコンピューターの接続がエラー状態になり、再起動する必要がある場合に、問題が発生することがあります。 これは、接続をドメインからワークグループに、またはその逆に切り替えることにより、クライアントコンピューターでも非常に簡単に実行できます。 これらの手順を実行するには、以下の手順に従ってください!

  1. コンピューターにインストールしたWindowsのバージョンに応じて、[ マイコンピューター/このPC ]を右クリックし、[ プロパティ]を選択します。
  2. その後、[プロパティ]ウィンドウの左側にある[ コンピューター名、ドメイン、およびワークグループの設定 ]の下にある[ 設定変更 ]ボタンを見つけてクリックします。

このPCの設定ボタンを変更>>プロパティ
  1. [ システムのプロパティ ]の[ コンピューター名 ]タブで、ウィンドウの右下にある[変更]ボタンをクリックします。 [所属する地域]で、ラジオボタンを[ ドメイン ]から[ ワークグループ ]に変更し、変更を適用したことを確認します。

メンバー:ワークグループ
  1. コンピューターを再起動して同じ領域に戻り、ドメインに切り替えて変更を元に戻します。 再度ログインして、同じ問題が引き続き発生するかどうかを確認してください。

解決策4:PowerShellコマンドを使用する

上記の方法で解決できない場合は、ドメインへのログインに使用できる簡単なPowerShellコマンドをいくつか試してみてください。 これらのコマンドは常に機能するとは限りませんが、一部のユーザーにとっては問題を完全に解決できたため、記事にする価値がありました。

  1. [スタート]メニューボタンを右クリックし、コンテキストメニューで[ Windows PowerShell(Admin) ]オプションをクリックして、PowerShellユーティリティを開きます。

[スタート]メニューのWindows PowerShell(管理者)
  1. その場所にPowerShellではなくコマンドプロンプトが表示されている場合は、[スタート]メニューまたはその横の検索バーで検索することもできます。 今回は、最初の結果を右クリックして[ 管理者として実行 ]を選択してください。
  2. PowerShellコンソールで、以下に示すコマンドを入力し、各コマンドを入力した後に必ずEnterをクリックします。 サーバーの情報をプレースホルダーではなく適切な場所に配置してください。
 $ cred = Get-Credential (ドメイン資格情報を入力) reset-ComputerMachinePassword -Credential $ cred -server( 広告サーバーはこちら) 
  1. このコマンドを実行すると、パスワードの再入力を求められるはずです。うまくいけば、問題なくログインできるようになります。

興味深い記事