TWRPとMagisk BetaでMoto G6をルート化する方法

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

モトローラのMoto G6は、最も売れているGシリーズのラインナップの最新の予算デバイスです。 Android Oreo、Qualcomm SDM45 Snapdragon(Octa-core 1.8GHz Cortex-A53)、Adreno 506 GPUを搭載しています。 価格的には非常に優れたデバイスであり、今ではTWRPとMagiskを使用して完全にルート化できます!

ただし、これは簡単なルートプロセスではありません 。 このガイドには、フラッシュするいくつかのことと、実行するADBコマンドが含まれます。 続行する前に必ずデバイスのバックアップを作成してください。何かがうまくいかない場合だけでなく、このガイドの一部にはMoto G6の工場出荷時のリセットが含まれます。

要件:

  • マジスクベータ
  • MotoG6-ali-TWRP.img
  • XT1925-2 – XT1925-2_no-verity-boot.img(ストック編集)
  • XT1925-4 – XT1925-4_no-verity-boot.img(ストック編集)
  • XT1925-5 – XT1925-5_no-verity-boot.img(ストック編集)
  • XT1925-6 – XT1925-6_no-verity-boot.img(ストック編集)およびMotoG6-ali-boot.img(OPS27.104-15-10ソースから構築されたカーネルお​​よびdtb)
  • ALI Oreoの暗号化ディセーブルを強制する

XT1925-6に関する注意事項:ダウンロード用に2つのブートイメージがあります。1つはストックが編集され、もう1つはソースがビルドされています。 「MotoG6-ali-boot.img」では、カーネルとデバイスBLOBがソース(OPS27.104-15-10)から再構築されました。外付けSDカード)。

TWRPのこの特定のポートにはいくつかの問題があるため、実験的です。 ファイルを直接SDカードに移動することはできませんが、移動する代わりにコピーすることができます。 TWRPは、内部ストレージを/ SDCardに、外部ストレージを/ External_SDに配置します。

警告:このガイドを進めるには、ユーザーデータを消去する必要があります。必ずすべてのデータのバックアップを作成してください! また、ブートローダーをフラッシュすると、「(ブートローダー)イメージが署名されていないか破損しています」というメッセージが表示されます。 画像はモトローラによって署名されていないため、これはまったく正常です。

Moto G6をルート化する方法

このガイドの上からTWRPイメージをコンピューターのADB / Fastbootフォルダーにダウンロードします。

Moto G6でUSBデバッグを有効にします。 [設定]> [バージョン情報]に進み、[開発者モード]がアクティブになるまで[ビルド番号]を7回タップし、[開発者オプション]に移動して[USBデバッグ]を有効にします。

ブートローダーを再起動します。 これを行うには、デバイスの電源を入れ、電源ボタンと両方の音量ボタンを同時に押し続けます。

デバイスがブートローダーから再起動したら、USBで接続された電話でコンピューターから次のように入力します。

 fastbootブートMotoG6-ali-TWRP.img 

TWRPがコンピューターの種類から起動したら(ユーザーデータを復号化しようとしているため、起動に少し時間がかかる場合がありますが、失敗し、パスワードの入力を求められる場合があります。[キャンセル]をクリックします)

 adb pull /dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/boot stockboot.img adb pull /dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/recovery stockrecovery.img 

これにより、後でストックに戻す、または戻す必要がある場合に、ストックブートおよびリカバリイメージのバックアップが作成されます。

コンピューターから次のように入力して、ブートローダーを再起動します。

 adb rebootブートローダー 

このガイドのダウンロードセクションからデバイス専用のno-verity-bootイメージをダウンロードし、ADBフォルダーに配置します。

コンピューターから次のコマンドを実行して、デバイスにブートイメージをインストールします。

 fastboot flash boot .img 

コンピューターから次のコマンドを実行して、TWRPイメージをデバイスにインストールします。

 fastbootフラッシュリカバリMotoG6-ali-TWRP.img 

デバイスのボリュームキーを使用して起動から回復を選択し、電源ボタンを押すとTWRPが起動します。 復号化パスワードの入力を求められます。キャンセルを選択してください。

このステップは、電話のデータを消去します。 バックアップ前に確実にバックアップしてください。

システムを再書き込み可能(r / w)にマウントできるようにスワイプします。 次に、TWRPの「ワイプ」ボタンをクリックして、「スワイプして工場出荷時の状態にリセット」をスライドします。 このステップでは、暗号化されたデータをフォーマットする必要があります(内部ストレージを削除します)。ただし、暗号化されず、データがTWRPにまだマウントできない場合は、工場出荷時リセットのスワイプの上にある[データのフォーマット]ボタンを使用できます。内部SDカード(ストレージ)からもすべてを削除します。

この手順は、初回起動時に強制暗号化を削除します(起動後も暗号化することを選択できます。デフォルトでは、少なくともretusシステムでは、設定のセキュリティタブで暗号化されていると表示されますが、暗号化されていないため、暗号化のオプションが存在します)そのメニュー内。手動で再暗号化すると、再びデータがTWRPで読めなくなることに注意してください)

この手順を実行するには、手動またはzipの2つの方法があります。 ベンダーパーティションをマウントするときに新しいfstab.qcomファイルをプッシュするために修正されたzipを提供したので、それを使用します。 現時点では、在庫を完全に戻すことに懸念がある場合は、次のコードを使用して、工場のfstab.qcomをバックアップする必要があります。 このためにベンダーをTWRPにマウントしてください。

 adb pull /vendor/etc/fstab.qcom factory-fstab.qcom 

この投稿の下部からverity-disabler zipをダウンロードし、携帯電話にプッシュします。 この例では、/ tmpディレクトリを使用します。

コンピューターから、adb / fastbootフォルダーからコマンドプロンプト/ターミナルに次のように入力します。

 adb push Force_Encryption_Disabler_For_ALI_Oreo_v2.zip / tmp 

インストールオプションを使用してプッシュしたzipをフラッシュし、zipをプッシュしたストレージを選択してインストールします。 表示されない場合は、前のコマンドを正しく実行したことを確認してください。 マウントされていない場合はベンダーを手動でマウントし、次のコマンドを使用して、/ dataに「forceencrypted」ではなく「encryptable」と表示されている行を確認することで、フラッシュを検証できます。

 adbシェル「cat /vendor/etc/fstab.qcom」 
 / dev / block / bootdevice / by-name / userdata / data f2fs rw、discard、nosuid、nodev、noatime、nodiratime、nobarri er、inline_xattr、inline_data wait、check、formattable、encryptable = / dev / block / bootdevice / by-名前/メタデータ 

「暗号化可能」と書かれている箇所に注意してください。 つまり、強制するのではなく、そうする選択肢があるということです。 何らかの理由で「forceencrypted」と表示される場合は、ベンダーを手動でマウントして再試行してください。

安全のために、TWRPを再起動して、データパーティションが正しくマウントされていることをすべて確認し、再度スワイプしてシステムが再書き込み可能(r / w)にマウントできるようにします。

Magisk BetaをダウンロードしてADBフォルダーに配置し、次のコマンドを実行してブートイメージをデバイスにプッシュします

 adb push Magisk-vxxx.zip / tmp 

Magisk-vxxx.zipを、Magisk Betaの最新バージョンに置き換えます。

TWRPメインメニューの[インストール]ボタンからTWRPのMagisk .zipファイルをフラッシュし、/ tmp(またはプッシュした場所)フォルダーに移動して選択し、インストールします。 マジスクは成功を示すはずです。 デバイスを再起動します

デバイスの上部隅に数秒間N / Aと表示されます。 ブートイメージが署名されていないため、代わりにN / Aが表示されるため、これは正常です。 それはその画面をブートループするように見えるかもしれません、ただ放すだけで、Motorolaの起動画面が起動し、新しい電話としてデバイスをセットアップできます。

Magisk Managerがインストールされ、ルート機能が機能することを確認します。

以下は、バックアップを忘れた場合にのみバックアップ目的で提供されます。 電話から取得した場合、画像は実際のサイズではなく、完全なパーティションサイズです。

XT1925-6(OPS27.104-15-10)工場でプルされたファイル

これらのファイルは、このガイドに関する限り、在庫を取り戻すことができます。 ただし、Motorolaから提供されるのではなく、デバイスからプルされたときに「不正なキー」が表示されます。

  • 工場出荷時のブートイメージ– XT1925-6_factory-boot.img
  • 工場出荷時のリカバリイメージ– XT1925-6_factory-recovery.img
  • Factory fstab.qcomファイル– factory-fstab.qcom–このファイルを/ vendor / etc /にプッシュして、必要に応じてストックベンダーパーティションに戻ることができます。 工場出荷時のブートイメージには、おそらくベンダーが完全に在庫がない状態でのブートの問題があります。

興味深い記事