最新のREAPER 5.93 LinuxネイティブビルドでWindows VSTを使用する方法

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

REAPER v5.93が人気のあるデジタルオーディオワークステーションにLinuxネイティブビルドを導入したため、多くのユーザーはLinuxビルドでお気に入りのWindowsベースのVSTプラグインをどのように使用できるか疑問に思っています。 Appualsには解決策があります。

REAPERにはLinux上でWindows VSTを実行するためのネイティブブリッジはありませんが、ジョブを実行するサードパーティツールがいくつかあります。 彼らです:

  • LinVST(Ubuntu 14.04 32ビットおよびDebian Stretch)
  • Airwave(AMD64.debおよびx86_64.pkg.tar.xz)
  • Carla(ArchLinuxおよびDebian / Ubuntu)

これらのサードパーティツールはすべて、プラグインにOSサポートを提供するためにWineに依存しており、あなたの走行距離は間違いなく変わるでしょう。 一部のVSTプラグインは問題なく動作し、他のプラグインは災害になります。

これらのツールをセットアップするための基本的なガイドを提供していることに注意してください。詳細なトラブルシューティングについては、特定のツールのマニュアルを参照してください。

LinVSTのWindows VST:

  • ご使用の環境に合わせてLinVSTバージョンをダウンロードします–組み込みWindowsバージョンまたはスタンドアロンバージョンのいずれかですが、ほとんどのユーザーにとって組み込みバージョンがデフォルトの選択肢になる可能性があります。
  • インストールされたバージョンのLin-VST-serverファイルをすべて/ usr / bin経路にコピーします。
  • すべてのWindows VSTを内部に配置するフォルダーを作成します。
  • LinVSTの変換フォルダーで、linvstconvertを開始し、バージョンフォルダーからlinvst.soを選択します。
  • linvstconvertで、すべてのWindows VSTを含む作成したフォルダーをポイントし、[開始(変換)]ボタンをクリックします。
  • REAPER DAWを起動し、Windows VSTsフォルダーをREAPERの設定のプラグインフォルダーに追加します。

AirwaveのWindows VST:

必要なパッケージをインストールします:multilib対応のGCC、cmake、git、wine、Qt5、libmagic。

Arch Linux(x86_64)の例:

 ・sudo pacman -S gcc-multilib cmake git wine qt5-base 

Fedora 20(x86_64)の例:

 ・sudo yum -y install gcc-c ++ git cmake wine wine-devel wine-devel.i686 file file-devel libX11-devel libX11-devel.i686 qt5-devel glibc-devel.i686 glibc-devel 

Ubuntu 14.04(x86_64)の例:

 ・sudo apt-get install git cmake gcc-multilib g ++-multilib libx11-dev libx11-dev:i386 qt5-default libmagic-dev・sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine / ppa・sudo apt-get update・sudo apt-getインストールwine1.7 wine1.7-dev 

SteinbergからVST Audio Plugins SDKを入手してください。

VST SDKアーカイブを解凍します。 さらに、ホームディレクトリで解凍したと仮定します。

 $ {HOME} / VST3 \ SDK。 

airwave GITリポジトリを複製する

 git clone //github.com/phantom-code/airwave.git 

電波のソースディレクトリに移動し、次のコマンドを実行します。

 mkdir build && cd buildcmake -DCMAKE_BUILD_TYPE = "Release" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX = / opt / airwave -DVSTSDK_PATH = $ {HOME} / VST3 \ SDK ..makesudo make install 

もちろん、必要に応じてCMAKE_INSTALL_PREFIXを変更できます。

  1. airwave-managerを実行します
  2. ツールバーの「リンクを作成」ボタンを押します。
  3. 適切なコンボボックスで目的のワインローダーとワインプレフィックスを選択します。
  4. [VSTプラグイン]フィールドにVSTプラグインDLLファイルへのパスを入力します(便宜上、[参照]ボタンを使用できます)。 パスは、選択したワインプレフィックスに相対的であることに注意してください。
  5. 「リンクの場所」パス(VSTホストがプラグインを探すディレクトリ)を入力します。
  6. 自動提案されたものが気に入らない場合は、リンク名を入力してください。
  7. このリンクに必要なログレベルを選択します。 ログレベルが高いほど、受信するメッセージが多くなります。 「デフォルト」ログレベルは特別な値です。 これは、設定ダイアログの「デフォルトのログレベル」値に対応します。 ほとんどの場合、「デフォルト」のログレベルが正しい選択です。 最大のパフォーマンスを得るには、「トレース」よりも高いレベルを使用しないでください。
  8. 「OK」ボタンを押します。 この時点で、VSTホストは「リンクの場所」ディレクトリ内で新しいプラグインを見つけることができるはずです。

CarlaのWindows VST:

  1. LinuxバージョンのCarlaをインストールします( Carla-Gitはほとんどのユーザーに最適です)
  2. パッケージマネージャーから利用可能なすべてのCarlaブリッジをインストールします。
  3. Carlaをスタンドアロンアプリとして起動し、プラスボタンをクリックしてプラグインを追加します。
  4. 検索ボタンを使用して、「Windows 32」ボックスにチェックが入っていることを確認してから、プラグインをスキャンします。 Carlaの設定で検索パスを調整する必要がある場合があります。
  5. プラグインが見つかったら、Carlaを閉じてから、REAPERを起動します。
  6. CarlaをプラグインとしてREAPERに追加し、CarlaプラグインをWindows VSTをロードするために追加します。

興味深い記事