アンプシムからフィズとハーモニックフィードバックを削除する方法

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

ミュージシャンがデジタルアンプシミュレーターに対して持つ大きな不満の1つは、ハイエンド周波数の可聴「フィズ」です。 言葉で説明するのは難しいですが、アンプシミュレーターを使用するギタリストなら、私たちが話していることを正確に知ることができます。 多くのアンプシミュレーターのプリセットは望ましくないことがあるため、ギターアンプシミュレーターから可能な限り最もリアルなサウンドを得るために、トーン調整を行う必要があります。

もう1つの問題( これはアンプシミュレーターに限らず、一般的なギターアンプですがは、2つの異なる形式で信じられないほど大きなフィードバックを得ることができることです。1つ目は通常ピックアップから来るフィードバックハムです。 高調波フィードバック。通常高レベルのゲイン/歪みと高入力レベルを使用しているときにい頭を立てます。

これらのギターアンプシミュレーターの問題を修正するためのスクリーンショットとステップバイステップガイドに従ってください。ギターアンプシミュレーターをさらに楽しむことができます。

Appualの関連記事:

  • Reaper DAWを使用してPCでギターを録音する方法
  • Overloud TH3でサウンドラックプリセットを作成する方法
  • ギタリスト向けの無料DAWプラグインの究極のガイド
  • Androidをギターアンプとして使用する方法

要件:

  • 任意のギターアンプシミュレーター( 無料のDAWプラグインに関するAppualのガイドを参照)
  • パラメトリックイコライザープラグイン
  • 優れたピークリミッタープラグイン

AmpシミュレーターからFizzを削除する方法

したがって、ハイエンド周波数スペクトルのフィズの問題に対処するには、まず、ここで何が起こっているのかを正確に理解する必要があります。 アンプシミュレーターはデジタル信号を生成しますが、実際のギターアンプはアナログ信号を生成します。 アナログ信号は、母なる自然が意図したとおりの音で、純粋でフィルタリングされていません。 デジタル信号は人工的な表現です。

ほとんどの場合、高ゲインアンプシミュレーターのフィズは、高調波歪みのデジタル解釈です。 本当のアンプキャビネットを直接頭に向けてゲインを上げた場合、フィズが聞こえるというのは事実ですが、実際に録音を強化できるのは一般に風通しの良いフィズです。 デジタルアンプがこのフィズを「再現」しようとすると、最終的にはホワイトノイズの壁になり、あらゆる種類の共振が高周波数に追加されます。 聞いているのは、 自然な高ゲインフィズの不自然なシミュレーションです。

このフィズを取り除くには、 まず全体のアンプ/キャビネットトーンを設定し、次にパラメトリックEQを使用して不快な周波数を掃引し、 ハードにカットします。 この段階的なチュートリアルでは、FaFilter Pro-Q 2でReaper DAWを使用します。FabFilterPro-Q 2は有料プラグインですが、すべての機能を30日間試用できます。 ただし、このガイドで行うことと同じことを実行できる場合は、任意のパラメトリックEQを使用できます。

スクリーンショットのFXチェーンは、Reaperで次のようになります。

アンプシミュレーター(Overloud TH3)->ピークリミッター(Fabfilter Pro-L 2)->キャビネットIRシミュレーター(LeCab2)->パラメトリックEQ(FabFilter Pro-Q 2)

ただし、特にエフェクトペダルをミックスに入れている場合は、この配置で実際に演奏しトーンを見つけることができます

いずれにせよ、EQ なしで基本的なFXチェーンセットアップし、ギタートーンのサウンドが気に入ったら、FXチェーンの最後にEQを投げます。

今、あなたがしなければならないことは、自分で演奏を録音することです。いくつかの基本的なコード( 重い歪みのあるもの)が行います。 リピート/ループで再生します。

パラメトリックEQを使用して、約+24 DBで4500〜7500 kHzの周波数範囲をスイープします。 パラメトリックEQに周波数分離ボタンがある場合に最適です。そのため、 検索している周波数のみが聞こえます

非常に聞き取れる「口hist」ノイズが聞こえ始めるはずです。 見つかったら、EQバンドを狭めて( 36DB付近のベルの形がこれに適しています)、強く落としてください。 -13DB前後で問題ありません。

極端な高調波フィードバックの削除

歪みが発生するアンプシムで発生する別の問題は、 本当に悪い高調波フィードバックです。 これは、演奏後に弦をミュートすると、非常に大きな「鳴き声」の形になります。たとえば、コードを演奏したり、弦をミュートしたり、スピーカーが叫んだりします。

最良の解決策は、アンプシムのゲイン/歪みを下げることですが、最大歪みで演奏する場合は、おそらくピークリミッターが少し役立ちます( 上記で行ったパラメトリックEQトリックと組み合わせて)

ここでは、 ノイズゲートは実際には役に立たないことを知っておく必要があります。特定のピークで周波数をすばやく攻撃するピークリミッターが必要です。 これは、ノイズゲートはノイズの多いピックアップからの静的ハムを除去するだけであるのに対し、高調波フィードバックは通常の信号として通過するためです。

高歪みを使用すると、ハーモニックフィードバックを完全に排除することはできませんが、ザックワイルドのように演奏してピンチハーモニーを鳴らそうとする場合を除き、トーンにあまり影響を与えずにそれを最小限に抑えることができます。

あなたがしたいことは、アンプとキャビネットの間の FXチェーンに適切なピークリミッター( FabFilter Pro-Lがこれに適しています)を投入することです。

FabFilter Pro-Lには、まさにこの問題のための優れたプリセットが付属しているため、必要に応じて調整してください。 しかし、使用しているピークリミッターが何であれ、基本的にそれらの大音量のハーモニックフィードバックを再作成し、プラグインのDBリミッターを調整し、それらがなくなるまで続けたいと考えています。

興味深い記事