Linux用Windowsサブシステムで「gedit」エラーを修正する方法

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

Windowsサブシステムfor Linux(WSL)は、Windows 10またはWindows Server 2009でLinuxにネイティブなバイナリ実行可能ファイルを実行するために使用される互換性レイヤーです。Windows10 1603バージョン以降の64ビットアーキテクチャでのみ使用できます。 また、Windows Server 2019のサポートも提供します。以前のバージョンのレイヤーでは、Ubuntuイメージのみが利用可能でしたが、SUSEイメージも導入されていません。

エラーメッセージ「geditエラー」

この機能は多数のユーザーによって使用され、ソフトウェア開発コミュニティの間で非常に人気があります。 ただし、ごく最近、WSLの「geditエラー」に関する多くのレポートが寄せられています。 このエラーは、gedit機能を使用しようとしたときにトリガーされ、エラーコードも含まれる場合があります。 この記事では、このエラーがトリガーされる理由を説明し、問題を修正する実行可能なソリューションを提供します。

WSLの「geditエラー」の原因は何ですか?

複数のユーザーから多数のレポートを受け取った後、問題を調査し、解決するソリューションを考案することにしました。 また、このエラーがトリガーされる理由を調査し、以下にリストします。

  • アクセシビリティのバグ:この機能には非常に一般的な既知のバグがあります。 アクセシビリティ機能を使用しようとすると、このバグがトリガーされ、ユーザーが「gedit」機能を使用して編集できなくなります。

問題の性質を基本的に理解できたので、解決策に進みます。 競合を避けるため、手順を慎重に実装してください。

解決策:アクセシビリティ機能を無効にする

アクセシビリティ機能には、「gedit」を使用した編集プロセスを妨げる既知のバグがあります。 したがって、この手順では、構成ファイルを編集してアクセシビリティ機能を完全に無効にします。 そのために:

  1. 次のアドレスに移動し 、「〜/ .bashrc」ファイルを見つけます。
     C:\ Users \ USERNAME \ AppData \ Local \ Packages \ CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_79rhkp1fndgsc \ LocalState \ rootfs \ home \ {LINUXUSER} \ 

    ファイルが上記のアドレスにない場合は、おそらく次のアドレスにあるはずです。

     C:\ Users \ USERNAME \ AppData \ Local \ Lxss \ home \ USERNAME 
  2. Notepad 」または「 Notepad ++ 」でファイルを開きます
  3. ファイルに次の行を入力します。
     エクスポートNO_AT_BRIDGE = 1 

    コマンドを入力する
  4. ファイル 」をクリックして、「 保存 」を選択します

    「ファイル」をクリックして「保存」を選択します
  5. ドキュメントを閉じて、問題が解決するかどうかを確認します。

興味深い記事