修正:この時点では、サービスは制御メッセージを受け入れることができません

Advise: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

この時点でサービスは制御メッセージを受け入れることができません。Windowsのネットワーク関連エラーは、通常、サービスが別のプロセスで既に使用されているときにトリガーされます。 各Windowsサービスにはメッセージポンプが含まれています。たとえば、Windowsまたはその他のソースからのメッセージを待機し、それらをディスパッチしてそれらに作用するループがあります。

たとえば、サービスが「停止」メッセージを受け取ると、サービスマネージャーは「停止」状態にあると見なします。 「停止保留」状態では、「開始」などの競合するコマンドを受け入れることはできません。 それが起こると、引用したメッセージを受け取ります。

メッセージがメッセージ処理コードでハングするか、コマンドの処理に時間がかかる場合、この問題が発生する可能性があります。 これが一時的な問題であり、それ自体で解決されることを期待して、1、2分待つことができます。 私の経験では、めったにありません。

現時点では、サービスは制御メッセージを受け入れることができません

修正サービスは現在、制御メッセージを受け入れることができません

とはいえ、以下に示す多くの解決策は現在すべてのユーザーに適用できますが、以下のすべての方法を実行し、現在の状況に有効な方法を適用すると問題が解決されると強く信じています。 「現時点では、このサービスは制御メッセージを受け入れられません」を取り除くことができました。

解決策1:Credential Managerサービスを再起動する

このエラーを引き起こす特定のプロセスがあり、特定のプロセスまたはファイルを実行しようとしているときにこのエラーが発生します。ユーザーは、Credential Manager Serviceを再起動するだけで問題を解決できると報告しています。 このプロセスは、IISからアプリケーションを実行するとき、および同様のシナリオで役立ちます。

  1. キーボードのWindowsキー+ Rキーコンボを使用して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。 ボックスに引用符なしで「services.msc」と入力し、[OK]をクリックしてサービスを開きます。

  1. Credential Manager Serviceを見つけて右クリックし、表示されるコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  2. サービスが開始された場合(サービスステータスメッセージの横にあることを確認できます)、ウィンドウの中央にある[停止]ボタンをクリックして、すぐに停止する必要があります。 停止している場合は、そのままにしておきます。

  1. 変更の確認を終了する前に、Credential Manager Serviceのプロパティの[スタートアップの種類]セクションにあるオプションが[自動]に設定されていることを確認してください。 スタートアップの種類を設定するときに表示されるダイアログボックスを確認します。 終了する前に、ウィンドウの中央にある[スタート]ボタンをクリックします。

[スタート]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。

「Windowsはローカルコンピューターでバックグラウンドインテリジェンス転送サービスを開始できませんでした。 エラー1079:このサービスに指定されたアカウントは、同じプロセスで実行されている他のサービスに指定されたアカウントと異なります。

これが発生した場合は、以下の指示に従って修正してください。

  1. IPヘルパープロパティを開くには、上記の手順のステップ1〜3を実行します。 [ログオン]タブに移動し、[参照...]ボタンをクリックします。

  1. [選択するオブジェクト名を入力してください]ボックスで、アカウント名を入力し、[名前の確認]をクリックして、名前が認識されるまで待ちます。
  2. パスワードを設定している場合は、完了したら[OK]をクリックし、プロンプトが表示されたら[パスワード]ボックスにパスワードを入力します。 問題なく起動するはずです!

解決策2:IIS関連の方法-IISワーカープロセスを強制終了する

Windows Server用のインターネットインフォメーションサービス(IIS)は、Web上のあらゆるものをホストするための柔軟で安全で管理可能なWebサーバーです。 IISで苦労していて、「この時点でサービスは制御メッセージを受け入れられません」というエラーが表示される場合、ソリューション1とソリューション2の両方が役立つことがあります。 これは簡単で、より簡単です。

  1. タスクマネージャを開くには、Ctrl + Shift + Escキーの組み合わせを使用します。 または、Ctrl + Alt + Delキーの組み合わせを使用して、開いたブルースクリーンからタスクマネージャーを選択することもできます。 [スタート]メニューで検索することもできます。

  1. [詳細]をクリックして、タスクマネージャーを展開し、タスクマネージャーの[プロセス]タブのリストに表示されるIISワーカープロセスエントリを検索します。 バックグラウンドプロセスのすぐ下に配置する必要があります。 また、w3wp.exeエントリを見つけて終了してみてください。 複数のエントリが表示される場合は、それらのいくつかを右クリックし、表示されるコンテキストメニューから[タスクの終了]オプションを選択します。
  2. 表示されるメッセージに対して[はい]をクリックします。「警告:プロセスを終了すると、データの損失やシステムの不安定性など、望ましくない結果が生じる可能性があります...」またはインストールしたWindowsのバージョンに応じて、他のダイアログボックスが表示されます。
  3. コンピューターを再起動し、同じエラーが表示されることなく続行できるかどうかを確認します。

解決策3:アプリケーション情報サービスを開始し、特定のプロセスを強制終了する

この方法は、Windows Serverオペレーティングシステム上で非常に有用であることが証明されていますが、通常のWindowsオペレーティングシステムの必要性が明らかになれば、成功することもあります。 また、この操作が完全に成功するには、特定のプロセスを強制終了する必要があります。

  1. キーボードのWindowsキー+ Rキーコンボを使用して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。 ボックスに引用符なしで「services.msc」と入力し、[OK]をクリックしてサービスを開きます。

  1. 強制終了されたプロセスとサービスを開始するためにコンピューターが手動で実行できないように、[サービス]ウィンドウを最小化します。 とにかく、最小化した後、タスクマネージャーを開く必要があります。
  2. タスクマネージャを開くには、Ctrl + Shift + Escキーの組み合わせを使用します。 または、Ctrl + Alt + Delキーの組み合わせを使用して、開いたブルースクリーンからタスクマネージャーを選択することもできます。 [スタート]メニューで検索することもできます。

  1. 古いバージョンのWindowsオペレーティングシステムを使用している場合は、プロセスリストの「svchost.exe(netsvcs)」エントリ、またはタスクマネージャーのWindowsプロセスリストの下の「サービスホスト:バックグラウンドインテリジェント転送サービス」エントリを見つけます。
  2. それを右クリックし、表示されるコンテキストメニューから[タスクの終了]オプションを選択します。
  3. 表示されるメッセージに対して[はい]をクリックします。「警告:プロセスを終了すると、データの損失やシステムの不安定性など、望ましくない結果が生じる可能性があります...」またはインストールしたWindowsのバージョンに応じて、他のダイアログボックスが表示されます。
  4. これが完了したら、[サービス]ウィンドウを最大化し、リストでApplication Information Serviceを見つけて右クリックし、[プロパティ]を選択する必要があります。 サービスはおそらく停止しているため、スタートアップの種類を[自動]に設定し、[開始]ボタンをクリックしてください。 変更を確認して終了し、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

解決策4:Edgeでパスワードを変更する

Credentials ManagerサービスはEdgeのパスワード管理に密接に関連しているため、いずれかを変更すると、Credential Manager Serviceに密接に関連する場合にエラーを修正するのに役立ちます。 奇妙に見えるかもしれませんが、ソリューション全体を修正できます。

  1. Windows 10で[スタート]メニューまたはその横にある検索ボタンで検索して、Edgeブラウザーを開きます。 クイックアクセスバーがある場合は、エッジアイコンをクリックすることもできます。
  2. ブラウザの右上隅にある3つのドットボタンをクリックし、[設定]オプションをクリックして、[詳細設定]セクションまでスクロールします。 [詳細設定を表示]をクリックし、[プライバシーとサービス]まで下にスクロールします。

  1. [保存したパスワードの管理]をクリックすると、パスワードを保存したすべてのWebサイトを表示できます。 エントリのいずれかをクリックしてみてください。URLが表示され、ドットを表すユーザー名がパスワードを表します。 エントリの1つを選択して、パスワードを変更してください。
  2. [保存]をクリックし、コンピューターを再起動して変更を保存します。

解決策5:システムの復元を試す

システムの復元は、エラーが発生し始める前の状態にPCを簡単に戻すことができるため、この問題に対する実行可能なソリューションです。 以下の手順に従って、

  1. まず、コンピューターのシステムの復元ツールをオンにします。 [スタート]メニューを使用してシステムの復元を検索し、入力を開始します。 そこから、復元ポイントの作成をクリックします。

  1. [システムのプロパティ]ウィンドウが表示され、現在の設定が表示されます。 このウィンドウ内で、保護設定を開き、システムドライブで保護が有効になっていることを確認します。
  2. 万が一無効になっている場合は、そのディスクを選択し、[構成]ボタンをクリックして保護を有効にします。 また、システムを保護するために十分なディスク容量を提供する必要があります。 より多くの復元ポイントを保持する場合は、少なくとも数ギガバイトであれば、任意の値に設定できます。 [適用]をクリックし、その後[OK]をクリックして設定を適用します。

  1. これで、システムは、新しいプログラムがインストールされるか、コンピューターに重要な変更が発生するたびに、復元ポイントを自動的に作成します。

正常に有効にしたら、PCを「この時点でサービスは制御メッセージを受け入れられません」エラーが発生していない状態に戻しましょう。 その間に作成またはインストールした重要なドキュメントやアプリは、最近作成した場合に備えて、念のためバックアップしてください。

  1. [スタート]メニューの横にある[検索]ボタンを使用してシステムの復元を検索し、[復元ポイントの作成]をクリックします。 [システムのプロパティ]ウィンドウ内で、[システムの復元]をクリックします。

  1. [システムの復元]ウィンドウ内で、[別の復元ポイントを選択]というオプションを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  2. 前に手動で保存した特定の復元ポイントを選択します。 リストで使用可能な復元ポイントを選択し、[次へ]ボタンをクリックして、復元プロセスを続行することもできます。 プロセスが終了すると、その期間にコンピューターがあった状態に戻ります。

興味深い記事